あなたのノンシリコン大丈夫? ケラチナミンケアを美容のプロが実践

ノンシリコンでのケラチナミンケア、本当にその効果を出すにはノンシリコンのヘアケア用品の選び方に大きな鍵があります。この記事では、ケラチナミンケアができるノンシリコンヘアケア用品の選び方、そしてイチオシのシャンプーを教えます♪

頭皮のケラチナミンケア気にしてる?

ケラチナミンとは、「尿素」のことを指します。乾燥したお肌に使うことによって、お肌に潤いを与える

とされています。お肌に使うものとしてはたとえば、「ケラチナミンコーワ」などが有名ですね。

そして、頭皮にもケラチナミンケアは必要です。それは、頭皮が乾燥することによってもフケやかゆみなど様々な問題が起こるからです。

顔の皮膚と頭皮はつながってる!

私たちは、顔には良い成分の化粧水や日焼け止めを選んだりしますが、よくよく考えると顔と頭皮ってひとつながりですよね。髪の毛で隠れている分、普段は何か別物のような扱いになっていますが、もし、アナタが尼さんになって髪を全部剃ったとしたら、いつも使ってる化粧水をどこまでつけようか…?ときっと思うハズです。この記事を見ている人が何人、尼さん志望かはナゾですが…

美肌づくりはケラチナミンケアにあり!

肌が乾燥すると様々なトラブルが起こりますよね。実は、頭皮にとってもそれは同じなんです。頭皮が乾燥すると、髪の毛の潤いが失われたり、フケやかゆみの原因ともなります。そこで、頭皮にも潤いを与えてあげる必要があります。

頭皮を乾燥させないノンシリコン選びがカギ

では、頭皮を乾燥から守り潤いを与えるには何をすればいいんでしょうか?そこで今回の記事の本題です。「ノンリシリコン」のヘアケア用品が頭皮にも優しいことから一大ブームとなりました。しかし、アナタの使っているノンシリコンシャンプーやトリートメントは、アナタの頭皮を本当に乾燥から守ってくれているのでしょうか?

ノンシリコンの選び方を間違えると逆効果!

ノンシリコンの事を良く知らないと、ノンシリコン=髪にいいというイメージ持っている人も多いのではないでしょうか?実はノンシリコンによるヘアケアは商品や髪質によっては髪を傷めてしまうものもあります。また、洗浄力の強い成分が入っていて乾燥してしまうものもあるのです。

そもそもノンシリコンって?

そもそもノンシリコンって何なのか確認してみましょう。ノンシリコンとは、成分に「ジメチコン、シロキサン、シリカ、メチコン・シクロメチコン」などをはじめとする、シリコンの元となる成分の入っていないヘアケア用品のことをいいます。このシリコンの元の成分には似たような名前で他にも成分がたくさんあります。

シリコンが髪に与える効果

シリコンは、キューティクルにくっついて髪の毛をコーディングする効果があるとされています。そのことから、おもにツヤツヤ感を出したり、手触りを良くする働きをしてくれますが、これは「素」の髪の毛の上からコーディングしてしまうので、表面はツヤツヤでも本当はとても痛んでいるということもよくあります。

 

また、シャンプーがしっかりと洗い流せていなかった場合、毛穴にシリコンが詰まってにっくき薄毛や抜け毛の原因となると言われています。そして、このコーディングによってトリートメントの有効成分が髪の毛の奥まで届かず、痛んだ髪を補修することが難しくなってゆきます。これは、美容室でもパーマやカラー液が入りにくいというコトにもつながるとされています。

 

しかし、シリコンはドライヤーの熱や髪の毛同士のからまりなどから守ってくれてキューティクルを守る効果があるとされています。

ケラチナミンケアに効果のあるノンシリコンシャンプーのタイプ

ノンシリコンは、シリコンによる人工コーティングを取り除いて、しっかりと髪の毛を洗浄し、有効成分を奥まで届かせることを可能としています。これにより髪の毛にハリやコシが出る効果も期待できます!

 

しかし、必ずしもノンシリコンシャンプーがいいわけではありません。特に、洗浄力を出すために「ラウレス硫酸(ラウリル硫酸)」などの硫酸系の成分を使っていたり、シリコンのコーティングに代わる効果を出すための、「カチオン界面活性剤」「高級アルコール」系の成分が入っていると髪が傷む原因にもなるようです。

 

ノンシリコンシャンプーを謳いながらも、その成分表には上にあげたような髪の毛を傷める成分が入っていないかを確認するのがあなたの髪を守ることにつながります。頭皮のケラチナミンケアをするならば、マイルドな洗浄力のノンシリコンシャンプーでありながら、使用後に保湿効果を出しているシャンプーなどを使うのがよいでしょう。

美白マスターが選ぶおすすめシャンプー♪

では、ここからは、美白マスターが選ぶおすすめのノンシリコンシャンプーのご紹介をしていきます!

 

Laggie(ラグジー) モイストリッチシャンプー (940円 株式会社多田)

あまり強くない洗浄力でありながら、泡立ちの良さと爽快感がとてもスッキリとして感覚を与えてくれます。気になる洗った後の保湿も、海泥(クレイ)やセラミド、ムルムバターがしっかりと働いてくれて、しっとりまとまったな、という感じがあります。

洗った時の爽快感と、それとは対照的な甘いスィートブーケの香りにうっとり。ダメージケア用のスカルプスパシャンプーも@コスメでランクインを果たす実力派です。

 

http://item.rakuten.co.jp/misawa-jp/4582300060381/?l2-id=pdt_shoplist_spage#10152250

 

ヴォーニュ ヘアチェンジシャンプー  (2,000円 Kanebo)

髪だけでなく、頭皮のケアも考えた商品。髪をやさしく補修しながら、ノンシリコンシャンプーにはぜひ欲しい保湿効果も。泡立ちも良くさっぱり感があって、あまり軋まないのもいいです。デザインの高級感や香りの良さも魅力です。

 

http://item.rakuten.co.jp/broadstage/42743-2/

 

BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルシャンプー(1,400円 I-ne)

肌へのやさしさにこだわるならコチラ。その成分の90%が天然由来の成分でできており、ノンシリコンかつ、合成着色料フリー・サルフェートフリー(硫酸系の成分)と自然派にこだわる人にはピッタリのシャンプーと言えます。使い続けることでしっとりとしたツヤ髪に。髪質にもよりますが、合う人にはとっても合うと思います!

 

http://item.rakuten.co.jp/at-beaute/4582267391443/

 

最後に

髪のパサつき対策にノンシリコンによるケラチナミンケアを見てきました。同じノンシリコンシャンプーであっても、配合成分によってまったくその効果は違いましたね。頭皮のケラチナミンケアをするならば、マイルドな洗浄力でありながら保湿力も優れているノンシリコンンシャンプーを選ぶのがポイントでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です